FC2ブログ
2018_02
10
(Sat)14:04

みそ・蔵カフェ

高岡を訪れる際は、古い町並みを楽しみたい。

確かに、高岡には確かに古い町並みが残っているのだけど、
町並みと併せて、食事を楽しめるような場所はそう多くはない。

しかし、ランチを楽しむのなら
『みそ・蔵カフェ 』はベターな選択の一つだろう。
ランチは一日限定10食。ここでは古い建物を活かした、
大人のための非日常的な空間が楽しめる。


この日は子供を実家に預けていたので、夫婦2人での外出となった。

20180210-1.jpg

高岡市和田という立地は、国道8号線近くで
中心市街地からやや離れているものの、
旧道沿いのいかにも古い町並みという雰囲気がある。

20180210-2.jpg

建物は築130年の古民家を改装。
長いエントランスの先に、土蔵を改装したお店がある。

お客さんが多く、写真は撮ってないのだけど、
店内はかなりコンパクト。鮮やかなグリーンの家具があったり、
シャガールのリトグラフが飾ってあったりと
ただ古いだけではなく、和洋折衷でカジュアルな趣だ。
しかし、チープさやチグハグ感は無く、
なかなかセンスよく上品にまとまっている。

20180210-4.jpg

写真のランチは1200円。
食後のケーキとドリンクつきで2100円となる。

料理は和食ベースのあっさりした内容。ボリュームも控えめだ。
しかし、何より見た目が華やかでプレミアム感がある。
食事中「食器の絵付けがすべて手描きだし、絵柄が近年の物じゃないよコレ」
・・・なんて妻と話しをしながら、こっそり裏側の銘を見ると
蔵から出てきたような年代物の九谷だった。このプレミアムなムードは本物だ。

20180210-6.jpg

食後のデザートは数種類から選べる。
こちらも塩麹を使った和テイストな一品。
上品な味であっさりといただけた。

店内では、外国人スタッフがてきぱきと接客し、
時折、英語での会話も聞こえ、意外とインターナショナルな雰囲気。
英語対応もバッチリだろう。

古い日本のモノをカジュアルに取り入れたこのお店は、
なんとなく外国人にもウケそうな雰囲気だ。


古い町家を和洋折衷なカジュアルなお店に改装したお店では
金沢の「くらげが雲になる日」などを思い出すところだけど、
高岡では他にありそうでない、新しいタイプのお店と言えるだろう。

※駐車場あり、月・火・日定休、ランチは限定10食
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック