FC2ブログ
2018_01
16
(Tue)20:04

大雪となべ祭り

なべ祭り前日は大雪だった。12日朝の高岡(伏木)の積雪は87cm。

20180112-1.jpg

近年では2006年や2011年など、積雪が1メートル前後に達した年は
あったのだけど、今回のように一晩で50cm積もるのは稀なことだ。

おかげで車は渋滞で動かず、公共交通は麻痺。
小中学校は休校、会社は出勤できない社員が続出した1日だった。
写真は通勤中に見た「線路が歩道と化した電車通り」。
万葉線も終日運休となった。

20180112-2.jpg

20180112-3.jpg
(一歩住宅地に入ればこの状態)



そして、大雪の翌日に開催された『高岡なべ祭り』。
自分の住んでいるところでは、自治会で"なべ券"を購入しているので、
毎年欠かさず訪れている。

20180112-0.jpg

鍋が一杯350円(前売券なら300円)。
数年前まで2枚セットで500円だったような気がするし、
イベントが始まった約30年前は一杯100円だったそうだ。
内容は毎年ほぼ変わらないけれど、価格は絶賛インフレ中だ。

最近は回転寿司でも安価で美味しい「あら汁」や「カニ汁」があるので、
高岡なべ祭りは少々割高感はあるのだけど、
「お祭りの屋台みたいなもの」と割り切れば、
まぁそんなものか、という気もする。

20180112-4.jpg

さて、悪天候だったこともあり、飲食スペースのテントは尋常じゃなく寒い。
スキーウェア並みの防寒具が必須アイテムかもしれない。
寒さを凌ぐには、クルン高岡地下やウイングウイング1階の
休憩スペースが穴場だと思う。

20180112-5.jpg

写真は毎年恒例のカニ汁(なべ券+100円)。
なかなか見栄えがする一品。

他にもよさげな鍋を適当にチョイス。
写真は「八戸せんべい汁」と「氷見カレースープ」。
具だくさんで美味しくいただけた。

20180112-6.jpg

20180112-7.jpg

今年のなべ祭りで一番印象的だったのは
大雪により、末広町アーケードのいたる所に穴が空いていたこと。
その下では屋台がごく普通に営業し、歩行者も普通に歩いていた。
細かいことは気にしないというか・・・高岡はなんて大らかな町なんだろう(笑)

20180112-8.jpg

しかし、なんとも中心市街地のインフラ老朽化を感じさせる光景だった。



2日目は快晴、そのため会場は大混雑だった。
こちらはというと、御旅屋駐車場隣の公園で
子供とせっせとかまくら作り。
1時間程で完成し、かまくらの中になべを持ち込み楽しんだ。

20180112-12.jpg

20180112-10.jpg

ともあれ、毎年マンネリ感の漂う『高岡なべ祭り』なのだけど、
大雪のおかげで、いつになく新鮮な体験となった。

・・・何事も創意工夫ということかもしれない。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック