FC2ブログ
2012_11
04
(Sun)21:23

イヴェール・ボスケ

加賀市宮地町・洗練空間カフェ

日曜の午後、石川県の片山津温泉へ出掛けた

片山津は大型旅館の廃墟が目立ち
とても寂しい印象だったけど、今では格安旅館チェーンが増え
廃墟ビルの多くが撤去されたことで雰囲気が変わってきた
今回は変わりつつある片山津の新スポットを紹介したい



加賀片山津温泉・街湯

20121104_1.jpg

2012年4月オープン、入場料420円※タオルシャンプー代は別
建築家、谷口吉生氏による設計の
コンパクトながらスタイリッシュな共同浴場

大浴場は「潟の湯」と「森の湯」があり
一日おきに男女入れ替え制となっている

潟の湯は、お風呂の水面が柴山潟に連続しているように見える作りで
この立地を活かした開放感が素晴らしい
森の湯は・・・少しハズレで見えるのは庭ばかりとのこと

20121104_2.jpg

湯上がりに湖畔を臨むデッキでくつろげば
町の共同浴場とは思えない贅沢感がある


湯上がりは片山津から3kmほど離れた場所の
パティスリーカフェ『イヴェール・ボスケ』へ

2012年10月オープン
加賀市の和菓子店“げんば堂”が
洋菓子部門を独立してカフェをオープン
建物は堀部安嗣氏という建築家によるもの

20121104_3.jpg

隠れ家感のあるロケーション、上品な味のケーキ
お店の雰囲気、建物、家具など、すべてが調和しており
どこか避暑地のレストランのような洗練さがある
なんというか、北陸の飲食店という感じがしない

ケーキは大体300〜400円前後
タルトフィグ(左上・360円)、焼菓子プレート(右上・250円)
クレームオランジュ(右下420円)を注文

20121104_6.jpg

ケーキ、パウンドケーキともに
フルーツの自然な甘さが感じられる
爽やかさの感じられる上品な味わい


オリジナルブレンドというコーヒー(500円)も
すっきりと飲みやすく、それでいて味わい深かった

20121104_4.jpg

日没後の店内は、まるでスポットライトに照らされた
暗闇に浮かぶステージのようで、妙に落ち着けて雰囲気がいい

片山津・・・寂しげな場所という
今までのイメージとは裏腹に
意外なほどのセンスの高さを見せられ
ただただ驚くばかりだった

osusume-.gif

店舗情報は食べログから♪
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック