FC2ブログ
2013_04
17
(Wed)23:42

くらげが雲になる日

金沢長町・くらげワールド

長町武家屋敷にある珍スポット
『くらげが雲になる日』に行ってきた
建物の裏庭にある、不思議な柄の扉が
くらげワールドの入り口だ

20130323-1.jpg

2010年のオープンから3年
その間、数々の個性派飲食店が出来ては消え行く中
ここだけは金沢の摩訶不思議系飲食店として定着している

20130323-3.jpg

一見“雰囲気先行”と揶揄されそうな店
しかしその雰囲気の作りこみは、内装、料理
サービスなどに至るまで相当なもので、
さすがにここまで徹底されると、なんと本格的かと好奇心を掻き立てる
さらに「町屋」×「タイ料理」というあり得ない組み合わせで
たまらなくキッチュで独特の存在感を呈するお店となっている

飲み物はアルコール含め多数あり

20130323-4.jpg

料理は初回と2回目以降で変わってくる
初回は2種類だけ、2回目以降は7種類くらいあったかな
金額は一品1,000~1,200円ほど

いずれも食べやすく品のあるタイ料理となっている
・・・詳細は何度か訪れてみてからのお楽しみとしたい
初回はメニューの選択肢がほとんど無いので

20130323-5.jpg

隠しメニューでこんなデザートなんかもあったりする

20130323-6.jpg

・・・と色々述べてみたけど、つまるところ
デートに最適な雰囲気かと思う
夕暮れ時の縁側は情緒的だし
日没後はあやしげなムード満点だ

20130323-7.jpg

長町武家屋敷という過去の文化財の中に
こんな風変わりな飲食店がしれっとやっているのが
金沢の文化的な懐の深さ、斜め上のセンスに唸ってしまう

※駐車場なし、営業日・時間が変則的なため要確認

店舗情報は食べログから♪
スポンサーサイト
2011_12
25
(Sun)14:44

せい月

金沢長町・ふらり旅館気分

元旅館の建物を利用した
小料理店『せい月』のご紹介

完全予約制、ランチは限定4組と規模が小さく
予約は大体1ヶ月先だった

佇まいが派手すぎず、昔ながらの質素な趣で
古きよき金沢という感じ

20111225-1.jpg

女将に案内され個室へ通される
まるで老舗の旅館に来た気分だ

20111225-2.jpg

昼時限定 季節の点心膳(2,100円)を注文
一品ずつではなく、まとめて登場

20111225-3.jpg

伝統料理盛り沢山の金沢仕様
食後はデザートで〆

20111225-4.jpg

この値段でこんな旅館気分を味わうことが
出来るというのは率直にお得だと思う

味は期待しすぎるとアレかもしれないけど
日本料理でこの値段と考えると
満足度は高いんじゃないかな

金沢の街中を散歩がてら、ふらり訪れてみたい
(※但し事前の予約は必要)

店舗情報は食べログから♪
2011_05
03
(Tue)14:39

ひらみぱん

金沢長町・オサレケークサレ

0503-1.jpg

2011年3月末、金沢のせせらぎ通り沿いに登場した『ひらみぱん』
金沢東山のフレンチレストラン“くりゑンテ”で修行された方が
独立してオープンされたお店

クリーニング屋だった大正時代の建物をR不動産がリノベーション
中は外観から想像できないほどの心地よい空間が広がっていた

0503-15.jpg

ランチタイムのケークサレセットを注文(1,400円)

食材の説明などレストラン的でいい感じ

料理の内容は手の込んだ軽食といったところ
あくまで軽食なので、レストランのような内容を期待すると
若干尻切感があるかもしれない

また、ドリンク、デザートの料金が
ランチ代と別に掛かるので注意、少し高い印象がある

けれども、落ち着いた空間で
優雅な時間を楽しむには悪くない選択肢と思う

1~2人の少人数向け
座席数が少なく混雑するので要予約

店舗情報は食べログから♪