FC2ブログ
2014_11
09
(Sun)22:35

ヤギヤ

金沢寺地・音楽喫茶

20141109-2.jpg

2014年夏にオープンして以来
ずっと気になっていた喫茶店へ
ついに行くことができた

20141109-1.jpg

外観は一軒家風なんだけど・・・

20141109-3.jpg

内部は空間目いっぱいに
吹き抜け(ホール)が広がっていた

ここではオーディオからのクラシック音楽や
ホールでの生演奏を聴きながら、軽食を楽しむことができる

早速、ホールを眺められる2階席へ

20141109-4.jpg

なんとも優雅な雰囲気だ
ちなみに写真手前側がホールになっている

設計はカフェドレヴェリー
くらげが雲になる日を手掛けた方と同じ
金沢の"おくりいえプロジェクト"の建築家の方である
それらと同様、居心地のいい空間が広がっていた

20141109-5.jpg

雰囲気だけではなく、軽食の内容も本格派なものだ
この日はカフェオレ(700円)と、紅茶+りんごとくるみの
キャラメルタルト(900円)を注文
カフェオレは、辰巳町のcowry coffeeの豆を使用
・・・かの地でもいただけないカフェオレだったりする

自家製のタルトは不必要に甘さを主張し過ぎず
飲み物と相性の良い、非常に洗練されたものだ

休日の昼下がり、優雅なひと時を楽しむには
ぜひオススメの場所といえるだろう


※12時開店、駐車場あり、大人向けのお店となります

店舗情報はこちらから
スポンサーサイト



2014_07
26
(Sat)13:28

ひまわりサイクリング

ひまわりサイクリング

金沢の実家に帰省がてら
度々お世話になっているサイクランドマスナガで
毎年恒例の”ひまわりサイクリング”を企画した

20140726-1.jpg

朝6時集合、金沢市内から
内灘経由でひまわり村に向かう

20140726-2.jpg

河北潟干拓地内はどこまでも直線の道路

20140726-3.jpg

日中は見物客でごった返し
行列までできるひまわり村だけど
早朝は貸し切り状態だ

また、早朝の方が涼しく快適で
太陽の光も淡いため花がキレイに見える

20140726-4.jpg

展望台に上がる
今年は花の密度が多く絶景だった

今後も金沢に帰省したときに
サイクリングを企画したいと思っているので
その際はふるってのご参加を!
2014_05
10
(Sat)10:22

山のパン屋サイクリング

山のパン屋サイクリング

マッキーさん主催の
山のパン屋サイクリングの報告

20140510-6.jpg

朝の柔らかい日差しが心地よい

20140510-7.jpg

日頃ポタリング!と盛んに言っているものの
自転車には車種に応じた楽しみ方がある
ロードバイクでのサイクリングは、このような坂で
適度な負荷があると、内容が充実して面白くなる

20140510-8.jpg

金沢市民の水がめ、内川ダムに到着

20140510-9.jpg

20140510-10.jpg

山のパン屋焼きたてふわふわのパンをいただく
※通常は朝10時からの営業です

20140510-11.jpg

この頃は自分で企画しなくとも
自分が今まさにやりたいようなサイクリングを
他の方が企画してくれるのが嬉しい


思い返せば自分が10代だった頃、当時の自転車仲間の方々が、
初心者を交えた一日50〜70kmほどのサイクリングを
月に1、2回ペースで誘ってくれて、それが仲間と走る
サイクリングの楽しさを知るきっかけとなったのだ

20140510-12.jpg
2014_05
06
(Tue)07:05

つつじ×喫茶ポタ

つつじ×喫茶ポタ

今年初の喫茶ポタ企画の報告

朝6時半に集合、金沢市内をポタリング(自転車散歩)してから
朝8時に喫茶店でモーニングという内容だった

20140506-1.jpg

金沢市街を散策、参加者には金沢の生き字引の
某シャチョーがいらっしゃることもあり
街並みに併せて金沢にまつわるウンチクを喋るのが
喫茶ポタの流儀らしい(笑)


20140506-2.jpg

そうしてる間に目的地の大乗寺丘陵公園へ到着

20140506-3.jpg

20140506-5.jpg

ここから1万本のつつじを見ることが出来る
これから1週間がまさに見頃な感じだった

(2014年5月6日現在)

20140506-6.jpg

その後、金沢の中心部に戻り
朝食は彦三町にある『Cafe 素都』でいただいた
こちらは2013年にオープンした小さな喫茶店
事前に予約してあったのでスムーズに入ることができた

モーニングは、トースト、サラダ、コーヒーで600円

20140506-8.jpg

特筆すべきは、彦三緑地を借景にして建っているので
窓からは今まさに見頃のつつじが眺められる(写真)
つつじ三昧のポタリング・・・優雅な朝のひと時だった
2014_02
26
(Wed)16:42

もみの木カフェ

津幡町中津幡・ワッフル専門店

ワッフル専門店として有名な『もみの木カフェ』
"サイクリング中の糖分補給基地"としても定評がある

このお店が2012年に移転され、今回は移転後初の訪問となった

20140226-6.jpg

やや大きくなった店内

本場ベルギー人の作る、濃厚で甘ーーーい
ベルギーワッフル(一個250~300円)は
今も変わらず健在


0429-7.jpg

以前よりトッピング(別料金)が充実し
かなり"てんこもり"なワッフルも選べる模様
カロリーもMAX、ますます糖分補給基地として活躍しそうだ

「そんな甘いの好みじゃないな」
「今回は車で訪問したしちょっとね・・・」
でも大丈夫!なぜなら2014年から
四角いワッフル(400〜500円ほど)が登場しているのだ


20140226-8.jpg

こちらはほんのり甘い一品
軽くトッピングの抹茶パウダーを掛けて
サクっといただく・・・非常に気に入った!

※駐車場あり、子供可、日曜が定休日なので注意
イートインの出来たてがオススメ

店舗情報は食べログから♪
2013_07
28
(Sun)23:10

大滝流しそうめん

津幡・流しそうめん

今年も『大滝の流しそうめん』に行く
サイクリングがあるというので参加した

20130728-1.jpg

金沢から30km程度、往復70km程度になる
季節柄暑いのと山間部なのでそこそこの運動になる、要熱中症対策

毎年7月下旬から夏季限定で開催される『大滝の流しそうめん』
津幡町と高岡市のほぼ境界上という山奥の秘境・・・のはずだけど
今じゃ有名スポットで、家族連れでごった返している

とはいえ
・10時開始の30分前にたどり着くこと
・自転車で行くこと(渋滞回避)

これさえ守れば、それほど混雑を感じずに
流しそうめんを楽しむことができると思う

20130728-2.jpg

目の前に滝があるロケーションの為
夏でもかなり涼しい、待ち時間に水浴び・・・なんてことも可能
(子供に混ざって滝に入る勇気さえあればの話)

20130728-3.jpg

そうこうしている間に10時になり、流しそうめんがスタート

20130728-5.jpg

流しそうめんは500円、時間制限あり

20130728-4.jpg

500円でお腹いっぱい、とまではならないけど
自転車生活の夏の風物詩として楽しみたい

食べログ未掲載、店舗情報はこちらから♪
2013_06
30
(Sun)08:29

山のパン屋さん

金沢平町・山のパン屋

マッキーさんの提案で
金沢市平町にある『山のパン屋』へ朝サイクリング

20130630-01.jpg

しかし一行はなぜか内川ダムへひた走る
初心者への洗礼か?

20130630-02.jpg

20130630-03.jpg

パン屋へは、この奥にある犀鶴林道から
林道国見線を下って向かうことも出来るけど
それは健脚コースすぎるので、いったん山を降りる

20130630-04.jpg

金沢の犀川浄水場から南へ5キロ『山のパン屋』に到着
金土日のみの小さなお店、営業時間は10:00〜17:00まで

イートインスペースは
お店の外と中にテーブルが一つずつ

20130630-05.jpg

お店の右側には湧き水もあり

20130630-06.jpg

20130630-07.jpg

20130630-09.jpg

メロンパン150円、ツナパン120円
いちじくパン250円など

大きさはあるが
ふんわりしていてペロリと食べられる
素朴な味の焼きたてパン


20130630-10.jpg

写真はしそジュース(350円)

20130630-11.jpg

帰りは一直線に金沢市街へ
木陰が多く、川沿いなので夏でも涼しいルートだ

直接パン屋へいくだけなら
登りはパン屋手前の一カ所だけなので
普通の自転車でも十分行ける場所
犀鶴林道が自主練コースの健脚者にも
使いやすい立地になる

お店自体もカジュアルの雰囲気で
スポーツウェアでも利用しやすい
まさに自転車向けのパン屋と言えそうだ

店舗情報は食べログから♪
2013_05
22
(Wed)22:52

夕霧詣(もうで)

夕霧峠・サイクリストの聖地

夕霧峠は石川県と富山県の県境にある標高845mの峠
市街地の近くにありながら道のりは険しく
この辺の自転車乗りにとっては聖地とされている

毎年11月下旬〜5月上旬は冬期通行止め
先週、ようやく通行止が解除されたという噂を聞き
今年初の夕霧サイクリングへ向かった

20150519-01.jpg

<補足>
※5/18時点で東側(富山側)、北側(百万石道路)は通行止め
※また夕霧と並び有名な『犀鶴林道』も通行止が解除された模様

今回は角間から向かう一般的なルート
このルートの難所は3カ所

①金沢大学を過ぎたところの直線の昇り
②キゴ山手前の坂、ここが最大の難所
③見上峠分岐から始まる坂

なお、見上峠がだいたい中間地点
③が過ぎても道のりは長い

20150519-02.jpg

峠の様子、記念写真をパシャリ
景色が石川県側と富山県側に開け
開放感がある

20150519-03.jpg

今の時期なら富山県側(砺波平野)は水田が見事だ

今回のルートで夕霧峠を目指す人が多いんだけど
医王山界隈はいろいろなルートがある

20150519-04.jpg

参考までに・・・これは国土地理院の地図をコピーして
訪れたルートを書き込んだオリジナルマップ
シャチョーの朝練で通る道は大体こんなもん

こんなふうに印を付けながら
色んな道を開拓していくサイクリングも
冒険心を掻き立てられ面白いと思う
2012_08
11
(Sat)09:59

ベーカリー&カフェ ディプシー

金沢田上・パン屋で爽やかモーニング

日曜日の早朝は、田島2号経由の夕霧峠サイクリング
“夕霧峠”は医王山の富山石川県境にある標高850mほど峠で
金沢近郊のサイクリストにはお馴染みの場所

夏場でも涼しく、市街地から近いので
車で涼みに来る人も見受けられる

20120812-1.jpg
(朝日を浴びてみんなでサイクリング)

20120812-2.jpg
(夕霧峠の小屋で・・・)



山から下ってきて、お腹がすいたら
杜の里のハニーポットや、このディプシーが便利だ

ディプシーは2012年の春くらいに
現在地に移転オープン
今は朝7時から営業しているようだ

20120812-5.jpg

モーニングは『目玉焼き&ベーコン』
または『スクランブルエッグ&ウインナー』の2種類
これに好きなドリンク、サラダ、トーストが付いて500円

20120812-4.jpg

パンの種類はまだまだあり

但し、料理やパンは全体的に小ぶりなので
大食いの人には絶対向いていない!!


その辺は期待しない方が無難

※2014年5月追記・モーニングセットの内容が変わっています、要確認

店舗情報は食べログから♪
2012_07
28
(Sat)12:17

河北潟のひまわり村

津幡町・河北潟のひまわり村

毎年恒例のひまわり村サイクリング
朝6時集合、1時間ほどでひまわり村到着

20120728_2.jpg

ひまわり村の中は迷路になっている
展望台が全体を一望出来るビュースポット

20120728_3.jpg

ひまわりの本数は35万本

自分の知る限りで北陸最大
富山県立大のひまわり辺りも大規模だけど、あれで5万本というから
いかにスケールが大きいか分かるかと思う

毎年これを見ないと夏が来た感じがしないほど!

20120728_4.jpg

帰り道はメープルハウスのパン屋
朝7時半から営業している
大人数でも収容できるキャパシティがあるので補給に便利だ



朝食後、迷路を楽しむため再度ひまわり村へ向かった

20120728_5.jpg

日中は太陽が上がりすぎて花に陰が出来るので
朝と比べると見た目がイマイチだった
やはり早朝の涼しい時間帯で
朝の柔らかな光の中で見るのがベストだ

20120728_6.jpg

ひまわり迷路は、大人でも20分も掛かる立派なもの
そこらの子供だましとは違う
汗が噴き出しながらも(?)、楽しむことが出来た


大きな地図で見る

>>とうもろこし大迷宮に続く
2012_05
06
(Sun)19:05

熊じろう

金沢倉ヶ岳・金沢近郊の山小屋

雨の一日、ところが晴れ間が出てきたので
急遽金沢の中心部から南へ約10kmの位置にある
倉ヶ岳へ新緑ドライブに出掛けた

山の標高は565m、食事休憩をした
『くまじろう』でも標高は400mほどあり
市街地とは異なる爽やかな空気が流れている

20120506-1.jpg

山へのアクセスは主に3つある
★窪~坪野ルート・・・道が太く普通車でも安心、竹林が気持ちいい
★鶴来ルート・・・道が細くすれ違いが難しい、5月時点でまだ路面が汚い(写真参照)
★内川ルート・・・さらに道が細く道が荒れている、車はオススメしない

なお、内川ルートは例年5月後半から自転車でも快適にいけるようになる

今回は屋根をオープンにしてドライブ
ちなみに自転車で行ったときはこんな感じだ(写真)
木漏れ日が心地よく、マッタリ流すのが気持ちいい

0507-1.jpg

『熊じろう』に到着、木々の向こうには金沢市街というロケーション

20120506-2.jpg

とても小さなお店だけど、奥に座敷席があるので
事前予約すれば大人数でも対応できる

猪カレー(1,500円)や熊汁定食(1,300円)など
ボリュームたっぷりの獣料理が定番だけど
山菜定食(1,500円)や岩魚定食(1,500円)も素朴な内容でオススメ
また、山菜うどん、そうめんなどの麺類もある

写真は山菜定食(1,500円)
食べるのに夢中で細かい説明は忘れてしまった

20120506-3.jpg

筍、ウド、ワラビ、モミジカサ・・・など
説明できないくらい数多くの種類の山菜が並ぶ
山に来て、この山で採れた山の幸をたっぷりいただく
これぞ五感で味わう贅沢ランチといったところ

自分はすっかりこの雰囲気にハマり
春になったら『熊じろう』に行くのが恒例だ

食べログ未掲載、店舗情報はこちらから♪
2012_04
14
(Sat)07:06

アルベロ

金沢不室町・里山のピザ

4月12日『春の里山ポタ』を開催
今年から自転車をはじめた方、自転車を再開された方を含め
総勢9名が参加するイベントになった

ルートは金沢市街~森本~アルベロ~森本~金沢市街
距離は34キロ、金沢市街の裏側にある“里山エリア”を巡る
ゆるーいサイクリング

森本からのルートを選べほぼ平坦
最後の坂(写真)を越えればピザ屋・アルベロ到着
お店のヤギが出迎えてくれる

20120414-1.jpg

ピザ屋は一人1,500円ほどの価格
(1人1種類・サラダ・デザート・コーヒー付き)

人数が多いから全種類制覇は楽勝
みんなで食べると色々楽しめていいね

20120414-2.jpg

ランチとしてはそこそこ高級なんだけど
アルベロの雰囲気は“郊外にある牧場小屋”みたいな素朴な感じなので
自転車ウェアで入っても問題ないかと思う
大人数に対応できる長いテーブルもある
そのへんが自転車で行くのにちょうどいい理由

アルベロに行くサイクリング企画は実はもう4回目!

20120414-3.jpg

こんなピザ、なかなか薄くて軽い食感

高岡、金沢と色んなピザ屋があるけれど
アルベトのピザが好きだ

自転車で里山行ってピザを食べるっていう
ロケーションが気に入っている


20120414-4.jpg

アルベロ周辺の桜はまだだったので
桜満開の金沢市街を眺めて無事終了、皆さんお疲れ様!

※アルベロは少人数でやってるお店なので
 予約を入れておいたほうがよさそう

店舗情報は食べログから♪
2011_11
05
(Sat)10:47

ヨシタベーカリー

小松・郊外の絶品パン屋

小松市の郊外にあるパン屋『ヨシダベーカリー』
あまりに美味しかったのでまた行ってきた

木場潟近くの住宅地に立地し、非常に分りにくいお店
だからこそのゆったりした郊外の趣

店内は雑貨屋のような雰囲気だ

0709-1.jpg

パンを選んだ後は、1階と2階にある
小さなイートインスペースで

一つ一つのサイズが小さく、皮がパリっとしたやや固めのパン
甘さは全体的に控えで、
パンの生地そのものの風味や食感を楽しみたい


一個150~250円ほど
小ぶりなサイズなので高級な部類のパン
でも十分それだけの価値がありそうだ

20111106-3.jpg

特に印象に残ったのは、クロワッサン
今まで経験がしたことが無いくらい
サクサク、パリパリで強く印象に残るものだった


店舗情報は食べログから♪
2011_09
24
(Sat)22:56

カフェ ド レヴェリー

金沢金石・海辺のまったり倉庫

最近、とても居心地のいいカフェを見つけた

20110924-1.jpg

金石港にある、なんの変哲もない地味な倉庫

進んでいくと・・・

20110924-2.jpg

海を望むステキなカフェだった!!

階段状のステージのような構造が印象的
飾り気がなくガランとした空間にはクラシック音楽が流れ
落ち着く空間になっている

空間の設計は、くらげが雲になる日と同じ
やまだのりこ氏によるものらしい

コーヒーも印象的
まるでティーサーバーのような
コーヒープレスに入って出てくるのは軽井沢の丸山珈琲
周辺で提供しているのはこの店くらい、だとか

また、夕暮れ時に訪問した時は・・・

20110924-3.jpg

雰囲気いいね!

珈琲550円、ケーキ450円、ワッフル550円
営業時間は11時~夕刻まで

食べログ未掲載、店舗情報はこちらから♪
2011_04
03
(Sun)00:01

手打ちうどん どんたく

福光・Lカツ的カレーうどん
※Lカツ=北陸の飲食チェーン「カレーのチャンピオン」のカツカレーのこと

0403-1.jpg

1年ぶりに富山県南砺市の城端線福光駅近くにある
うどん屋「どんたく」に行った、ここの目玉は「カツカレーうどん」

カレーのチャンピオンっていう飲食チェーンがあるけど
そこの“Lカツ”が“カレーうどん”になったような感じ

0403-2.jpg

カツ一杯載ってるし、量多いし、なんだか甘くて香ばしいし
これはこれで有り難くなって来る、サイクリングの途中にはピッタリだ

一杯850円、ここも高岡の吉宗同様、
麺を食べた後ライスをぶっ掛けるのが定番なんだそうだけど
量が多すぎて、とても食べきれないと思う

店舗情報は食べログから♪
2011_03
05
(Sat)00:33

神音カフェ

羽咋・神がかりの神音カフェ

石川県羽咋市の山奥に
北陸のカフェマニア羨望の伝説的カフェがある
いまや雑誌にも取り上げられているようで
全国からカフェマニアが集まってるとの噂

山の中にある古い一軒家が神音カフェ
お客さんが4組も来たら一杯になるくらい
本当に小さなカフェ、それでもお客さんが続々

0305-2.jpg

家族連れ、仕事の打ち合わせをする地元の爺さんたち
汗だくの変態サイクリスト・・・って自分たちのことだけど
老若男女から幅広く愛されるお店

人気店なので、訪れる前の事前予約は必須
それでも店内は混雑して落ち着かない感じではなく
山間の集落らしいほっこりとした空気感が漂う

0305-3.jpg

1500円のランチ、カレーは3種類から選び
それにサラダ、コーヒー、デザートが付く

素人臭さを全く感じない美味しい料理たちにビックリ
さらにはオーナーの夫婦の接客もいい!
なんだかありがたい気分になる

開店してそろそろ3年ほどのまだまだ若い店
北陸の素敵なスポットとして大事にしていきたいお店

※火曜と日曜が休み、営業日も昼~夕方のみ営業なので注意

店舗情報は食べログから♪